試飲販売のバイトは楽?

休日にスーパーに行くと、必ずといっていいほど行っている試食販売。現在はレトルト食品や乳製品、飲料等のさまざまな物が試食や試飲できる機会が設けられています。
試食販売は、スーパーの従業員ではなく各商品メーカーのバイトが対応していることは余り知られていないようです。試食販売員には、商品に対してそれなりの知識が求めらます。ただ立って同じ文言を繰り返し、声を張り上げているだけではだめなのです。試食販売のバイトが決まったら、メーカーの人に聞くなり、自分で調べるなりして多少の知識は持っておいたほうが良いでしょう。細かいところまで熟知する必要はないですが、商品についてある程度の受け答えは出来るようにしておいた方がいいでしょう。
また、普段から立ち仕事をしていればあまり気になりませんが、一日中立っているというのはなかなか大変なことです。お客さんが少ないから座っていよう、ということもこの仕事では出来ません。常にお客さんがいて話をしていれば、時間はあっという間に過ぎるように感じますが、昼食時や夕食時はどうしてもお客さんが少なくなってしまうためただ立っているのが辛くなってくるでしょう。しかし、この時間さえ乗り切ることができれば後はあっという間に過ぎることでしょう。よほど変わった商品でない限り、子供や親子連れが立ち寄ってくれるでしょう。その時子供が美味しい、食べたい、と言えば親が仕方なく購入するというケースも少なくありません。販売ノルマが課せられることは少ないですが、自分の呼びかけで商品購入に至ったという達成感も得られるのがこのバイトの魅力だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です